HOME>オススメ情報>どんな児童施設で働くかをしっかり考えてみよう

保育と教育の両立

登園

幼稚園の求人で最近、未経験でも働ける求人に人気が集まっています。資格がない、ブランクがあって年齢的にも不安しかない、こうした声にしっかり適合する求人情報を紹介する専門支援事業が行なわれています。都市部を中心に、児童保育や教育施設そのものが不足しがちで、それによって、認定こども園が誕生しています。ここでは、未経験や復帰組を寛大に受け入れる雇用形態を増やしています。国の施策によって資格なしでも子どもが好きで、いつか資格を取得したい、そうした前向きな求職者を幼稚園の補助業務に充てています。人気の理由は、保育に教育というプラスαの携わりができることです。幼稚園と保育園のいいとこ取りとなる複合児童施設とした機能ですから、保育士・幼稚園教諭の資格を取得したい・できる求人情報になっています。

プラスαを求める

女性保育士

年齢的に不安がある、こんな悩みを持っていても、幼稚園求人情報の見方、探し方によって、働くことを諦めない結果に繋がります。幼稚園求人で、ベテランのみを求めているのはほんの一握りで、いわゆるお受験児童施設になります。しかし、都市部を中心に待機児童問題が注目され、新卒者の受け入れではなく、母性愛を持つ育児経験者が求められています。転職するにしても、幼稚園で経験を積んでいるなら採用されやすいものの、経験がないのならば、Wライセンスを目指すなど、資格取得をバックアップしている求人情報を選びましょう。

働きながら取得

園児と先生

将来的なキャリアアップに影響を与えるため、大半は若手を採用しますが、保育のプロとして子育てを終えた者はシフトを含めて、臨機応変に対応できることを幼稚園側も知っています。求人の選び方として基準にすべきは、園長の人柄だともいいます。国家資格でもある保育士は、学習量も多く、まだまだ難しい試験です。これから育成する若手は先に資格を取得しておくのがベストな選択ですが、年齢を重ねてからならば、働きながらとなります。家事や仕事をしながら、少ない時間で合格に導くのは園長の図らいあってこそです。働きながらだからこそ、周りの取得者に質問ができる効率学習に繋がります。

広告募集中